ウォーターサーバーを導入する理由

なぜなら、水道水の安全性に疑問が出てきたため、ウォーターサーバーの重要性が再認識されてきたのです。

この問題点を解決するために、一八八〇年ごろ米国で急速ろ過法が開発された。この方法は水中の汚れを、硫酸アルミニウムなどの薬品を加えて強制的に沈でんさせ、その上澄みを急速ろ過池を通してきれいにする。流速が一日一〇〇?一五〇メートルと速いため、ろ過池の面積は緩速ろ過法の三〇分の一程度ですむ。しかしその反面、細菌や水をまずくする物質の除去は困難で、殺菌のための塩素や処理効率を高めるための水処理薬品を加える必要があるため、薬臭くなり水の味は一層悪くなる。

一八八七年にイギリスの技術により、日本で初めて横浜に完成した近代水道も、緩速ろ過法によるもので、以後各地にこの方式の水道がつくられた。超高層ビルが林立する新宿新都心一帯が、昔は東京都淀橋浄水場の跡地だったことを、今では知る人は少ない。かつてそこには広大な緩速ろ過池が広がっていた。しかし緩速ろ過では人口の急増による需要増に追いつかなくなり、急速ろ過に切り替えられ、空いた土地はピル用地として転売された。東京以外の大都市も、同じような事情から次々と急速ろ過を導人した。あまり人口増が見込まれない地方都市でも、水道工事会社から「緩速ろ過なんて時代遅れですよ」といわれ、慌てて急速ろ過に替えたところもあり、その流れは全国に広がっていった。

今専門家の間では、省子不で環境にやさしく、しかも細菌や水をまずくする物質まで取り除くことがきる緩速ろ過を見直す動きがあるが、現在の浄水場をまた緩速ろ過に戻すことは難しいだろう。このように水道の水がまずくなった原因を、浄水方式の面から考えてみると、ここにも環境汚染、効率の追求といった現代社会のひずみが、その根底にあることが分かる。

また工場排水に多く含まれる、フェノール、シクロヘキシルアミンなどの化学薬品と塩素が反応することによってできる化合物も悪臭を発生する。塩素は自分自身の臭いのほかに、他の物質と化合することによって別の臭気の発生原因にもなる。水源が汚染されていなかった時代は塩素の使用量も少なく、カルキ臭もほとんど感じられなかったが、汚染が進み塩素の投入量が増えたばかりでなく、排水に含まれる物質との化合による悪臭の発生という要因も加わり、一段と塩素臭が強くなったわけだ。

ミネラルウォーターの効能

特に、胃腸の消化に効果的です。

また胃酸過多症による胸焼け、消化不良などの症状が改善されるという点については、胃酸の酸性度が高い場合、少しぐらいの弱アルカリ水を飲んでも、あまり制酸効果は期待できない。症状がひどい場合は、やはり薬を飲まないと駄目で、アルカリイオン水で症状が改善されることは期待できない。アルカリイオン水はカルシウムの量が多く、効率よく体に吸収されるという点についても、量はそれほど多くはなく、水道水よりはやや多いが、外国産のミネラルウォーターより一桁少ない量しか含まれていない。また効率よく吸収されることと、血液中のカルシウムの量が増えることとは、結びつかないようだ。

一方アルカリイオン水を調理に使った場合の効果については、料理研究家や料理の達人と呼ばれる人に使っている人も多く、その評価などを総合すると、アルカリ水は紅茶やお茶の色を濃くしたり、ホウレンソウなどの緑色野菜をゆでると、鮮やかな緑色に仕上がることが認められている。また野菜などのアクを取るのにも、効果はある。その他アルカリには蛋白質や澱粉を溶かす働きがあるので、煮るのに使うと軟らかくなるほか、だし昆布などを浸けておくと、うま味の成分がよく浸み出すという効果もある。

このような結果をまとめてみると、アルカリイオン水は胃腸病の症状改善効果については、それほど顕著な効果は認められないが、調理に使った場合は、お茶や野菜の色を鮮やかにしたり、煮物が軟らかくなるなどの効果があるようだ。

アルカリイオン整水器は、ほとんどが浄水器でろ過した水を電気分解する仕組みになっている。したがって基本的には浄水器で、それにアルカリ水をつくる機能が付加されたものと考えた方がよい。その使い途としては、第一が水道水の臭いや濁り、カナ気を取るためで、アルカリ水は調理に使えば料理がおいしくなるという効果がある。健康にいいかどうかについては、胃腸病などにある程度の効果は認められるが、あまり顕著ではなく、過大な期待は持たない方がよい。

ウォーターサーバーの「お試し」がおすすめ

アクアクララ・クリクラでは、無料お試しができる

ウォーターサーバーを使ったことはありますか?

一度飲んでみると分かりますが、お店で売っているミネラルウォーターより、美味しくて、体にいいことが分かります。

ウォーターサーバーのレンタル料金、ボトルの料金を合わせても、スーパーで売っているミネラルウォーターより安いことがあることは、あまり知られてはいません。

アクアクララやクリクラだと、お試し期間があるので、気軽に申し込むことができます。

水は体に必ず必要なものですし、とても大切な存在です。

 健康によい水としてミネラルウォータが販売されていますが、この中に全てのミネラルが含まれているわけではありません。水の銘柄によって多少の違いはありますが、その多くはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなど4種類のミネラルを表示しているにすぎません。

ところで源水が名水と呼ばれるものであればこの他にも微量元素は含まれている筈ですが、その種類、存在量などは全く明らかにされていないのが実情です。 

しかし人間が必要とするミネラルはこの他、いろいろあります。たとえばリン、鉄、マンガン、銅、亜鉛など沢山の種類を必要とします。 このうち、人間の成長や生命活動を維持するうえで、どうしても欠かせないミネラル類を必須ミネラルと呼び、これには16種類の元素があります。

なお、必須ミネラルの種類に関しては、20元素としている場合もありますが、この中にはヨードやフッ素などの金属元素に該当しない微量元素も含まれています。

6種類の必須ミネラルを20種類の必須ミネラルをまとめたものです。 ところで元素の周期表によりますと、現在地球上には103種類のミネラルの存在が確認されています。またその中でおよそ70種類のミネラルが人間の体内にあるといわれています。

しかしミネラルは人間の体内で合成することができませんので、飲料水や食べ物から摂取しなければなりません。そのため人間はいろいろな食物を必要とするのです。

ここでミネラルのはたらきを大別すると、第1に頭骨や骨格を形成する人体構造材料としての作用、第2に赤血球中の鉄や甲状腺ホルモンのヨードで、これはタンパク質や脂肪と結合し、さまざまな生理作用を行います。第3はナトリウムやカリウムなどで、これは神経細胞膜をおおう体液に溶けてイオンとして活躍します。